COSの2019年春夏メンズコレクション発表、水や風の動きと連動した服のエレガンス

2019年1月2日 21:07

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 COS(コス)は、2019年春夏メンズコレクションを発表した。

■水や風に連動するようなデザイン

 今季は、水や風に連動するような、動きのあるエフォートレスなエレガンスを追求。風にあおられたり、光を反射したり、水に濡れたり……、自然の中で起こりうる要素の変化を服のデザインに落とし込んでいる。

■色彩を調和させたシンプルスタイル

 ボンデッドリネン トレンチコートは、ミニマルなデザインでクラシカルな雰囲気を演出。穏やかな色調のマットなアイボリーに、シャツやトラウザーのニュートラルな色彩が調和している。ウールトラウザーは、足の動きに合わせて開くような造形で快適な履き心地を実現した1足だ。また、足元には“結び目”をあしらったスタックレザーサンダルをセレクト。シンプルで統一感のあるスタイリングに仕上げている。

■ディープブラウン&ボルドーの軽やかなウェア

 散見されたのは、ディープブラウンやボルドーのウェア。深みのある色彩ながら、いずれのウェアも軽やかな空気感をまとっている。リップストップ ナイロンのロングアノラックコートは、素材のしなやかさと、ゆとりのあるフォルムで身体に馴染むような仕上がり。服の表面に生じる、流れるようなドレープやシワが、リラックスした表情を演出する。軽量なナイロンブレザーとショートパンツのセットアップも、表情豊かな仕立てによってカジュアルな雰囲気に。素材の放つ程良くフレッシュな光沢感が、知的な印象を与える。

■多彩なシャツのラインナップ

 春夏の必須アイテムであるシャツは、バリエーション豊かに展開。清涼感のあるライトブルーのコットンシャツは、端正なフォルムの濃紺のテーラードコートに合わせるとより一層上品さを増し、薄手のニットベストを重ねると、アクティブなモードになる。また、透け感のあるナイロンシャツや、襟を低めに仕立てたパラシュート風パターンの5分袖シャツ、開放感のあるボートネックシャツなども揃える。

■ハットやバッグがアクセントに

 ホワイトのシャツとブラックのワイドパンツ、プレーンなカットソーにタイトなパンツなど、シンプルなコーディネートにアクセントを与えるのが小物。深めに被ったつばの広いバケットハットや、大きく機能的に作られたパラシュート リップストップ バッグは、独自のオーラをスタイリングにもたらしてくれる。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードCOS(コス)2019年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース