TVアニメ『ハイキュー!!』シーズン4制作が決定、舞台も4月に新作上演

2018年12月28日 15:51

小

中

大

印刷

 青春バレーボール漫画『ハイキュー!!』のアニメ新シリーズ制作が発表された。2014年のファーストシーズンから始まって、今回でアニメは4シーズン目となる『ハイキュー!!』は、2019年で原作は7年目、TVアニメシリーズは5年を迎える。

【こちらも】アニメ『僕のヒーローアカデミア』第4期、19年10月放送!舞台キャストも発表に

 さらに2019年春に新作が公演となる、演劇『ハイキュー!!』“東京の陣”のメインビジュアル及び全公演情報も解禁。今回は主人公たちではなく、そのライバル校・音駒高校にスポットを当てた物語になる。

■TVアニメ『ハイキュー!!』4期目決定

 幕張メッセで開催されたジャンプフェスタ2019『ハイキュー!!』スペシャルイベントにて、アニメ新シリーズの制作が発表された。壇上ではメインキャストらと共に、新シリーズのビジュアルやPVも公開されている。

 『ハイキュー!!』とは、2012年より「週刊少年ジャンプ(集英社)」で連載を開始したバレーボール漫画である。バレーボールの日本語呼び「排球」がタイトルの由来だ。TVアニメは2015年に1期と2期、2016年に3期が放送されている。

 新シリーズとなる今回は4度目のTVアニメ化であるが、現時点で放送日などの告知はされていない。ただ、2019年9月22日には、舞浜アンフィシアターにてアニメ『ハイキュー!!』の新シリーズキックオフイベントの開催が決定。アナウンスによると“アニメ『ハイキュー!!』の「これまで」と「これから」を繋ぐ一大イベント”とのことである。

■主人公が登場しない演劇『ハイキュー!!』

 2019年春の新作公演として、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“東京の陣”のメインビジュアルや全公演情報が解禁された。2019年4月5日の大阪を皮切りに、東京、そして本作舞台である宮城の3都市で上演される。

 今回は主人公である「烏野」がいないうえ、舞台もこれまでの宮城ではなく東京へと移す。全国大会東京予選で奮闘する烏野のライバル・音駒高校と梟谷学園高校、そして音駒高校を苦しめる戸美学園高校にスポットが当てられる。原作でも人気のエピソードなだけに、舞台上でどのような演技や演出がなされるのか楽しみだ。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードハイキュー!!幕張メッセ週刊少年ジャンプジャンプフェスタ