レッド ヴァレンティノ、2019年春夏コレクション発表

2018年12月27日 22:23

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 レッド ヴァレンティノ(REDValentino)の2019年春夏コレクションが発表された。

■"メキシコ"にインスパイア

 今シーズン、インスピレーションの源となったのは、メキシコ。南米の民族衣装が持つ、エキゾチックなムードや力強い色彩を、ピースに落とし込んでいく。

■メキシカンタイル着想のパターン

 たとえば鳥や花、植物を、レッド・ブラック・ホワイトで鮮やかに表現したパターンは、メキシカンタイルに着想。軽やかなプリーツが印象的なロングドレスや、今季のキーファブリックであるメッシュ素材のワンピースなどに採用され、存在感を放っている。

■タトゥーをイメージしたプリント

 エキゾチックなタトゥーをイメージしたプリントも印象的。ワークジャケットのフロントやスタジャンのバックスタイルに、タトゥーのデザインを彷彿とさせる鳥や花のイラストを配している。細やかなプリーツのロングドレスには、ニワトリとヘビが争う様子をリアルに描いた。

■フェミニンにスポーティやハードを加えて

 スタイリングは、フェミニンなピースに、スポーティーな要素やハードな魅力を加えているのが特徴。透け感のあるロングドレスには、オーバーサイジングなスウェットパーカーや、ボクシングショーツ、スニーカーを組み合わせている。色とりどりの花を配したホワイトのワンピースには、スタッズを散りばめたサンダルをコーディネートした。

■臆することなく掛け合わせたカラー

 カラーは、ホワイトやブラックをベースに、レッド、ベビーブルー、ベビーピンクなどを起用。レッド×ベビーブルーなど、異なる色同士を臆することなく組み合わせることにより、力強い印象をもたらしている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードレッド ヴァレンティノ(RED VALENTINO)2019年春夏コレクション