科学研究予算、2019年度は100億円以上の増額予定

2018年12月18日 22:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

yasiyasi曰く、 日本政府は2019年度予算で科学研究費助成事業の予算を100億円以上増額するという(共同通信読売新聞日経新聞)。

 本庶佑氏らノーベル賞受賞者らが繰り返し要望してきたことが後押しになったとみられる。

 私見だが、たかが100億円程度では、各々の研究にいきわたる額は「スズメの涙」程度になってしまい、無意味な増額になりかねないので、あと2ケタ、せめてもう1ケタ増額してほしいところ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | サイエンス | 政府

 関連ストーリー:
中国科学院の予算規模は理化学研究所の10倍 2018年02月21日
世界各国の科学技術活動調査、日本の論文数は世界第4位に低下 2017年08月14日
Natureが日本の科学研究失速を特集 2017年03月24日
日本の科学技術振興予算はもう増やせない 2017年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードノーベル賞

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース