ライフ RSS

 

クリスマスイブは心筋梗塞の発生リスクが高まる

2018年12月14日 09:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 クリスマスイブには心筋梗塞の発生リスクが大きく高まるという調査結果が発表された(朝日新聞BMJ掲載論文)。

 この論文は、クリスマスや祝日や大きなスポーツイベントと心筋梗塞の関連性について調査したもの。

 その結果、クリスマスや夏期休暇では心筋梗塞のリスクが高まることが確認できたという。最もリスクが高かったのはクリスマスイブで、イースターやスポーツイベントについてはリスクの増加は確認できなかったという。そのほか早朝や月曜日も心筋梗塞のリスクが高まるそうで、特に75歳以上の人や当女房、心臓関連の病気にかかったことのある人に顕著にこういった傾向が見られたという。

 スラドのコメントを読む | クリスマス | 医療

 関連ストーリー:
英スーパーマーケットチェーンのクリスマス向けテレビCM、政治的だとして放送禁止に 2018年11月15日
クリスマスソングはメンタルヘルスに悪影響、という説 2017年12月07日
訃報: ジョージ・マイケル、クリスマスに死す 2016年12月27日
「ラスト・クリスマス」を2時間近くにわたって24回かけ続けたラジオDJに抗議が殺到 2015年12月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクリスマスイースター

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース