IBM、NotesやDominoを売却

2018年12月13日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 IBMがNotesおよびDomino、Appscan、BigFix、Unica、Commerce、Portal、Connectionsといったエンタープライズ向けソフトウェアの権利をインドのHCL Technologiesに売却する。売却金額は18億ドル(ITmediaTechCrunch)。

 NotesやDominoはかつてLotus Developmentが開発したグループウェアの先駆け的製品。1995年のIBMのLotus買収でIBM傘下となった。IBMは昨年NOtesやDominoなどの開発についてHCLと協業すると発表していたが、今回の売却でこれら製品が完全にHCLに移管されることになる。

 TechCrunchによると、Notes/Dominoは未だに多くの企業で使われているとのこと。

 スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
ロータス1-2-3、終了のときが迫る 2013年05月23日
Lotusブランドの消滅か? 2012年11月18日
マイクロソフト、Lotus Notes から Office 365 に乗り換えたネブラスカ大に 25 万ドル提供 2011年07月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードインドIBM

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース