マツダ、「東京オートサロン2019」で新型「Mazda3」を日本初公開

2018年12月13日 19:27

小

中

大

印刷

新型Mazda3(画像: マツダの発表資料より)

新型Mazda3(画像: マツダの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 新型Mazda3(画像: マツダの発表資料より)
  • 新型Mazda3(画像: マツダの発表資料より)
  • 新型Mazda3 CUSTOM STYLE(画像: マツダの発表資料より)
  • CX-8 CUSTOM STYLE(画像: マツダの発表資料より)
  • CX-5 CUSTOM STYLE(画像: マツダの発表資料より)
  • ロードスターCUSTOM STYLE(画像: マツダの発表資料より)
  • Tby2 CABANA Racing MX-5(画像: マツダの発表資料より)

 マツダは、2019年1月11日〜13日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」および2月9日~11日にインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ」において、新型「Mazda3」を日本初公開することを発表した。

【こちらも】マツダ、新型「Mazda3」を世界初公開 最新技術全部載せて

■目玉はやはり新型「Mazda3」

 今回の「東京オートサロン2019」では、トヨタの新型スープラのコンセプトモデルなどの出展も話題となっているが、マツダも負けてはいない。

「ビー・ア・ドライバー〜マツダの新時代の始まり~」を出展テーマとするマツダブースの見どころは、国内では初公開となる新型「Mazda3」の北米仕様車。すでに米国においてお披露目されているが、国内では初公開となる。その優れたスタイリングが海外でも注目された同車は、日本のユーザーにどう評価されるか注目される。

 新型パワーユニットのスカイアクティブXを搭載する「Mazda3」はハッチバックとセダンの他に、カスタムスタイルと名乗る特別仕様車の合計3台の新型が公開される。

 また、最新の「マツダCX-8」「マツダCX-5」をベースにしたカスタムスタイルや「マツダ ロードスター」をベースにしたカスタムカー DROP-HEAD COUPE CONCEPTも合わせて公開され、新しいマツダの意気込みを感じることになる。

 モータースポーツコーナーでは、11月に米国で開催された「2018 Global Mazda MX-5 世界一決定戦」で日本を代表して参戦したチーム「Tby2 CABANA Racing MX-5」と「ヒロマツロードスター 」の2台も展示される。

■各種トークショーも開催、モデルカーも買える

 さらに、マツダブース内では、車両の展示に加え、新型「Mazda3」の開発スタッフやデザイナーや、MX-5 Cupレーサーによるトークショーなどの開催を予定している。

 また、マツダブース内において、MAZDA3の モデルカーやフレグランス「SOUL of MOTION」をはじめとしたこだわりのマツダグッズも展示・販売しており、細かな造形へのこだわりなどが確かめるられる。

 また、2月9日~11日にインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ」でも同内容の出展が予定されている。なお、それぞれの詳細情報は12/17に更新予定とされている。(記事:田中秀雄・記事一覧を見る

関連キーワードマツダ特別仕様車CX-5幕張メッセCX-8スープラMazda3

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース