文化庁・文化審議会、静止画などのDL違法化に向けた意見をまとめる

2018年12月10日 22:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 文化庁の文化審議会・著作権分科会が、著作権法改正による静止画のダウンロード違法化に向けた意見をまとめた。改正案は来年の国会への提出を目指しているという(朝日新聞毎日新聞共同通信)。

 報道によると、違法となるのはダウンロードのみで、閲覧については対象外だという。また、小説や論文など、ネット上のすべてのコンテンツがダウンロード違法化の対象という話も出ている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 著作権

 関連ストーリー:
漫画海賊版サイト閉鎖で漫画家の収益は増えるのか 2018年06月12日
政府、海賊版配信サイトに対する自主規制要請を決定 2018年04月13日
違法ダウンロードの刑事罰化による正規コンテンツ流通への影響は「不明」 2014年03月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース