Samsung、スマホの画面を物理的に引伸ばしタブレットにする特許申請

2018年12月8日 14:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Samsungが、ディスプレイを引き延ばしてタブレットとして利用できるスマートフォンの特許を申請しているという(iPhone Mania)。

 この特許は、スマートフォンの側面を引っ張ることで画面が(物理的に)伸び、大画面のタブレットとして利用できるというもの。

 この特許を申請したのは今年の第1四半期(1~3月)で、米国特許商標庁(USPTO)が11月29日付で出願を公開しているという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | パテント

 関連ストーリー:
Google、「Android」で折りたたみ式スマホをサポート。対応製品も公開 2018年11月14日
Bluetoothヘッドセットに変形するウェアラブルデバイス 2018年07月13日
シャープ、変形ディスプレイを採用した「AQUOS S2」を中国向けに発表 2017年08月14日
10.1 インチのタブレットと「合体」する 4.7 インチ液晶スマートフォン 2013年01月11日
表面が変形してボタンが浮き上がるタッチスクリーンのデモが行われる 2012年06月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSamsung特許

広告