米人権団体、米司法省がFacebook Messengerの暗号解除求めた裁判の情報開示求める

2018年12月4日 22:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 今年8月、米司法省が「Messenger」上での通話の傍受をFacebookに求めたがFacebook側は拒否、これが発端となって訴訟が発生していたが、この訴訟に関連して米国自由人権協会(ACLU)と電子フロンティア財団(EFF)は11月28日、この訴訟における非公開判決の開示を求める申し立てを行ったという。

 当局側は協力を拒否したFacebookを法廷侮辱罪に問おうとしたが、Messenger上での通話はエンドツーエンドで暗号化されており、Facebookに対しこれを解除させることはできなかったという。

 この連邦訴訟の記録は非公開とされているが、この裁判はプライバシーと政府の監視に関する今後の訴訟に重要な意味を持つとACLUは主張。政府が民間のサービスに対しそのセキュリティを弱めさせようとした場合に国民の権利を守る方法について、国民には知る権利があるとコメントしている(CNETArs TechnicaSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | Facebook | アメリカ合衆国 | プライバシ

 関連ストーリー:
Facebook、アプリの盗聴疑惑に反論 2016年06月07日
Facebookアプリはユーザーの音声会話を勝手に送信しその内容を分析している? 2016年05月30日
Facebook、他人になりすまさないよう米麻薬取締役局に要求 2014年10月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookEFF(電子フロンティア財団)

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース