Internet Archiveで保存のWebページ、著作権侵害を理由に削除されることも

2018年12月4日 23:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 サイト閉鎖や記事削除などで閲覧できなくなっているWebページを保存しているサービスとして知られる「Wayback Machine」(Internet Archive)では、著作権侵害を理由にアーカイブが削除されることがあるという(GIZMODOの記事)。

 この記事の著者が現在は消失しているUltimate Warriorというプロレスラー(故人)のブログを読むためにWayback Machineにアクセスしたところ、「This URL has been excluded from the Wayback Machine」(このURLはWayback Machineから除外されています)というメッセージが表示されたそうだ。誰が削除依頼を行なったのかを調べたところ、Ultimate Warriorが所属していたプロレス団体のWWEがInternet Archiveに対しDMCAテイクダウン(デジタルミレニアム著作権法に基づく削除)申請を行なっていたことが分かったという。

 記事では、Internet ArchiveやWayback Machineは「図書館」のような役割を果たしている一方で、著作権法的には図書館としては認められておらず、こういったアーカイブが著作権侵害行為となり裁判沙汰になる可能性もあると指摘。インターネット上のコンテンツを残しておくためにこのような著作権の乱用について考えるべきではないかとしている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | YRO | 著作権 | インターネット

 関連ストーリー:
Wikipedia内のリンク切れリンクをInternet Archiveへのリンクに置き換えるボット、稼働中 2018年10月04日
Internet Archive、電子ゲームコレクション「Handheld History」を公開 2018年03月21日
インド政府、Internet Archiveをブロック 2017年08月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権侵害

「インターネット・ウェブサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース