3世代で楽しむ「お正月バイキング2019」千里阪急ホテル・ホテル阪急エキスポパーク

2018年12月3日 21:46

小

中

大

印刷

祝肴のイメージ。(画像: 阪急阪神ホテルズの発表資料より)

祝肴のイメージ。(画像: 阪急阪神ホテルズの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

■幅広い世代が楽しめるイベント満載!「お正月バイキング2019」

 千里阪急ホテルとホテル阪急エキスポパークでは2019年1月1日~3日までの間、「お正月バイキング2019」を開催する。肉料理や天ぷら、握り寿司、祝肴や煮物、蒸し物、デザートなど正月らしい豪華なバイキングメニューが楽しめる。またビンゴ大会、餅つき大会、獅子舞、振る舞い酒、縁日コーナーなど、大人から子供まで楽しめる様々なイベントも用意されている(価格はすべて税・サービス料込み)。

【こちらも】ホテルニューオータニ幕張のスイーツ&サンドウィッチビュッフェ「ホテルでいちご狩り」

■お得な早割がオススメ!「お正月バイキング2019」の概要

 開催場所は、千里阪急ホテルが西館2階・宴会場「仙寿の間」、ホテル阪急エキスポパークは地下1階・宴会場「オービットホール」。

 価格は、昼の部(12:00~14:00)が大人6,500円、シニア・未成年6,000円、小学生3,000円、幼児1,500円、夜の部(1部は16:00~18:00、2部は18:40~20:40、※1/3のみ夜は1部16:30~18:30のみ)が、大人8,000円、シニア・未成年7,500円、小学生3,500円、幼児2,000円となっており、昼はソフトドリンク、夜はアルコール・ソフトドリンク飲み放題が含まれる。

 また、12月25日までに予約すると1名につき上記金額より500円割引、1月3日の夜の部を予約した場合はさらに500円引きとなる。

■千里阪急ホテル

 「バイキングメニュー」
 ビーフステーキ、天ぷら、ローストビーフ、サーモンマリネと蕪のミルフィーユ仕立て、鯛のペルシャ―ド風ラタトゥイユ添え、骨付き仔羊のロティローズマリーの香り、フォアグラのムースバルケット仕立て、チーズタッカルビ、トンポーロー、チーズオムレツ蟹クリームソース、鰤しゃぶ、ケーキ各種など(一部夜のみ・昼のみのメニューあり)

 「キッズチャレンジクッキング」:(3歳~小学生)
 コックコートとコック帽に着替えてパティシエと一緒にフルーツシュークリーム作りが体験できる。

 「ミニ阪急電車乗車券」:(3歳~小学生)
 ミニ阪急電車に乗って車掌の気分が楽しめる子供に人気のコーナー。

 ここまでは、バイキング料金に含まれたメニューとなる。

 「お遊び広場」:1名500円(60分)
 書初めやコマ廻し、メンコなどが世代を超えて楽しめる。

 「縁日コーナー」:1回200円
 大人も子供も楽しめる縁日のコーナー。縁日ならではの懐かしい遊びが用意されている。

 さらにリアルな街並みで臨場感のある鉄道ジオラマの展示や、館内の東館3階神前式場の神殿で初詣もできるようになっている。

■ホテル阪急エキスポパーク

 「バイキングメニュー」
 ローストビーフ、牛肉のステーキ、ビーフの鉄板焼きストロガノフ風、フォアグラのソテーと鴨胸肉のロースト、寿司、天ぷら、海の幸の蒸気蒸し紅白のソース、蒸し鶏のマスタード風味、中華風ピラフ、エストファードとポムピューレのグラチネ、海の幸グリル焼き、ぜんさい、ケーキ各種など(一部夜のみ・昼のみのメニューあり)

 「にぎやか縁日」:1回200円~
 釣り堀ゲーム、スーパーボールすくい、射的、キャンディーつかみ取りなど、幅広い世代が楽しめるゲームが用意されている。

 「昔なつかしのお遊び広場」:1回200円~
 バドミントン、コマ廻し、メンコ、羽子板、書初め、卓球コーナーなど、大人にとっては懐かしく、子供にとっては初めての体験が楽しめる。

■迫力満点のビッグケーキも待っている

 パティシエが作った迫力満点のケーキも登場。千里阪急ホテルでは生クリームでコーティングされた巨大なビッグモンブランケーキ。ホテル阪急エキスポパークでは運だめしのおみくじチョコレート付きのビッグ鏡もちケーキが用意される。

 祖父母世代から孫世代までが一緒に楽しめるイベント付きのホテルバイキング。自宅で迎える正月も悪くないが、少し気分を変えてみんなで足を運んでみるのもいいだろう。(記事:Natsuki・記事一覧を見る

関連キーワードチョコレートケーキ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース