“基板のプロ”が作る基板iPhoneケースに『スター・ウォーズ』モデル、Xウイングなど3種類

2018年11月30日 23:07

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 基板メーカーの電子技販が展開するiPhoneケース「FLASHシリーズ」から、映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するメカをモチーフにした「iPhone XS Max」および「iPhone XR」用のiPhoneケースが登場。

 「FLASHシリーズ」は、空港や鉄道、バスや病院などの社会インフラ設備や、産業機械の信頼性が必要な基板の製造をメイン事業とする電子技販が作るiPhoneケース。プリント基板用CADでデザインし、金メッキ処理した本物の基板に電子部品を実装(はんだ付け)、仕上げに手作業で樹脂コーティングを施した、基板のプロが本気で作るプロダクトだ。

 今回新たにラインナップに加わった『スター・ウォーズ』モデルは、「Millennium Falcon」「X-WING」「DEATH STAR」の3種類で、それぞれのメカの構造を、細いもので0.1mm幅の配線パターンを使ってデザイン。使用されているラインの数は、「Millennium Falcon」で5万、「X-WING」で7万、「DEATH STAR」に至っては約20万におよぶ。

 また、「FLASHシリーズ」の特徴である、iPhone自身が発する電波を電力に変換・昇圧することにより、電池無しでLEDを光らせる独自技術を採用。「X-WING」はコクピット後方のアストロメク・ドロイド搭載部分、「Millennium Falcon」は機体表面の中央、「DEATH STAR」はスーパーレーザー発射口がそれぞれ発光するというギミックも搭載されている。

【商品情報】
電子技販 基板アート iPhoneケース『スター・ウォーズ』モデル
デザイン:「Millennium Falcon」「X-WING」「DEATH STAR」
価格:17,280円(税込)
カラー:ブラック、ホワイト
取扱店舗:moeco直販ショップ、代官山蔦屋書店、梅田蔦屋書店など

■iPhone XS Max用

重さ:54g
使用電子部品:
・「Millennium Falcon」
IC(1点)、LED(1点)、抵抗(1点)、ダイオード(12点)、コンデンサ(12点)
・「X-WING」
IC(1点)、LED(1点)、抵抗(25点)、ダイオード(12点)、コンデンサ(23点)
・「DEATH STAR」
IC(1点)、LED(1点)、抵抗(1点)、ダイオード(12点)、コンデンサ(12点)

■iPhone XR用

重さ:49g
使用電子部品:
・「Millennium Falcon」
IC(1点)、LED(1点)、抵抗(1点)、ダイオード(12点)、コンデンサ(12点)
・「X-WING」
IC(1点)、LED(1点)、抵抗(18点)、ダイオード(12点)、コンデンサ(23点)
・「DEATH STAR」
IC(1点)、LED(1点)、抵抗(1点)、ダイオード(12点)、コンデンサ(12点)
 

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードiPhoneスター・ウォーズ蔦屋書店iPhone XiPhone XS

広告

写真で見るニュース

  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
 

広告

ピックアップ 注目ニュース