自動車関連税制の見直し、走行距離に応じた課税も検討か

2018年11月29日 21:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府が自動車関連税制の見直しを検討しているという。まだ具体的な詳細は出ていないものの、走行距離に応じて課税するという話も出ているようだ(毎日新聞朝日新聞carview!)。

 現在の自動車関連税制では、取得時に課せられる自動車取得税と排気量に応じて毎年課せられる自動車税、車検時に課せられる自動車重量税があるが、自動車税は恒久的な減税、自動車取得税は一時的な減税、自動車重量税についてはエコカー減税の範囲を絞って増税、という方針のようだ。一部報道では走行距離に応じた課税という話も出ているが、こちらは新たな税が導入されるのか、それとも既存の税を変更する形になるのかは不明。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政府 | お金

 関連ストーリー:
群馬県太田市の「ふるさと納税に対し返礼として自動車を贈る」計画、中止に 2015年09月29日
消費税の軽減税率、「カードにポイントを貯める方式にする案」が浮上 2015年09月09日
携帯電話の保有者に課税を検討、秋ごろに提言を取りまとめ 2014年06月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース