エスプール 千葉県船橋市・愛知県みよし市に、障がい者雇用の拡大を目的とした企業向け貸し農園を新設

2018年11月27日 14:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:48JST エスプール---千葉県船橋市・愛知県みよし市に、障がい者雇用の拡大を目的とした企業向け貸し農園を新設
エスプール<2471>は26日、子会社のエスプールプラスが、千葉県船橋市、愛知県みよし市に、障がい者の雇用創出・拡大を目的とした企業向け貸し農園「わーくはぴねす農園」を新設したことを発表。

今回の開設により、知的障がい者を中心に約135名の雇用が新たに創出され、同農園は全国で13施設となる。同社は、「1人でも多くの障がい者雇用を創出し、社会に貢献する」を企業理念として「わーくはぴねす農園」を運営している。現在、同農園を利用する企業は約190社、約1,000名の障がい者の一般就労が実現している。

近年、障害者雇用促進法の遵守や、CSR(企業の社会的責任)の高まりにより、障がい者雇用に積極的に取り組む企業が増加している。一方で、採用は身体障がい者に集中しており、社内に適した業務が少ない知的障がい者や精神障がい者の雇用は、依然として遅れている状況がある。

今後も、同社では、ノーマライゼーションの実現と、障がい者の職業的自立及び社会参加を積極的に支援していく考え。《SF》

広告