キログラムの定義、130年ぶりに改訂へ

2018年11月20日 22:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 フランスで開催中の国際度量衡総会にて、キログラム(kg)・アンペア(A)・ケルビン(K)・モル(mol)の定義改定案が承認された。キログラムの定義については1889年の「国際キログラム原器」による定義から130年ぶりに改定される(産経新聞朝日新聞)。

 キログラム原器は直径・高さともに約39mmの円柱形の、プラチナ(白金)90%、イリジウム10%からなる合金製の金属塊であったが、汚れや摩耗により質量が僅かに変化した可能性が出てきたので、「プランク定数」による定義に変更することにしたという。プランク定数による定義は2013年に提案されていたが、それが今回の総会で承認された。

 総会の承認後、プランク定数の決定に貢献した産業技術総合研究所(産総研)の計量標準総合センター長が「日本が総合力で優れているという証しだ」とコメントしている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
自然界の4基本定数が更新される 2017年10月27日
2018年にキログラムの新たな定義が採択される可能性が強まる 2017年07月12日
人工物によって定義される最後のSI基本単位「キログラム」の再定義、2018年予定 2015年10月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード産業技術総合研究所(産総研)フランス

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース