サンバイオが上場来の高値、日米第2相試験材料にチャート妙味も絶妙の見方

2018年11月19日 10:53

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■二段上げ相場が本格化する期待

 サンバイオ<4592>(東マ)は11月19日、上値を追い、10時30分にかけて7%高の7660円(480円高)まで過上げて11月8日につけた上場来の高値を更新した。引き続き、「SB623」の外傷性脳損傷を対象にした日米グローバル第2相試験(STEMTRA試験)(以下「本試験」)で主要評価項目を達成したとの11月1日発表が材料視され、チャート妙味も絶妙になってきたとの見方が出ている。

 発表の翌日から4日連続ストップ高となって急伸し、その後3分の1押し水準までの調整を経ながら三角持ち合いを形成し、再び上値を指向してきた。調整が浅く、「N」字型の波動を描き始め、二段上げ相場に移行したとの見方が出ている。こうした展開では、最初の急騰幅と同じ規模の上げ幅に発展することもあるようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
インテージホールディングスは戻り歩調、19年3月期2Q累計減益だが通期営業増益・増配予想(2018/11/13)
Jトラストは2Q累計決算発表を先取りも全般急反落相場に押されて反落(2018/11/14)
トランザスは下値固め完了感、ストック型へ構造転換して20年1月期収益改善期待(2018/11/12)
綿半HDは2Q業績下ぶれ着地を岐阜県初の可児店新規開業でカバーし下げ過ぎ訂正で急反発(2018/11/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース