YouTube、新たに「YouTube Music」と広告非表示の有料サービスを開始

2018年11月15日 19:45

小

中

大

印刷

 グーグルは14日、YouTubeの音楽再生サービス「YouTube Music」について、国内でのサービス提供を開始した。また同時に、YouTubeとYouTube Musicを広告なしで利用できる有料サービス「YouTube Premium」「YouTube Music Premium」の提供も開始したことを発表した。

【こちらも】YouTube、「スキップ不可の動画広告」を拡大

 YouTube Musicは、YouTubeと同じく無料の音楽、動画のストリーミングサービスだが、より音楽に特化した内容となっている。再生履歴や、今いる場所を感知して最適な音楽をおすすめするレコメンド機能、グーグルの高機能な検索機能を活かして曖昧な曲名やアーティスト名でも検索可能なスマート検索などを実装する。

 また、ミュージックビデオを再生している場合には、ワンタッチで動画と音声のみのコンテンツを切り替えるなど、YouTube独自の機能もある。他にも豊富なプレイリストや、YouTubeにしかない音源なども揃えている。

 「YouTube Premium」では、これまでYouTubeの動画視聴時に表示されていた広告が非表示となる。他にも、動画を再生しながら別のアプリなどを利用することができる「バックグラウンド再生」と、動画をデバイスに保存して後から再生する「オフライン再生」の機能が使用でき、YouTubeの独自作品である「YouTube Originals」も視聴可能だ。利用するには、Web・Android版は1,180円、iOS版は1,550円(価格はいずれも税込)の月額利用料金がかかる。なお、「YouTube Premium」の広告非表示・バックグラウンド再生・オフライン再生機能は、「YouTube」「YouTube Music」の両方で使用可能だ。

 一方、「YouTube Music Premium」は、「YouTube Music」でのみ広告非表示、オフライン再生、バックグラウンド再生に対応しており、「YouTube」での動画再生には適応されない。その分価格は少し安く、Web・Android版は980円、iOS版は1,280円が月額利用料金となっている。

 Google Play Musicの有料定期購入をしているユーザーは、追加料金なしで自動的にYouTube Music Premiumを利用することができる。

 広告表示はストレスと感じるユーザーも多く、有料でもいいから広告を非表示にするサービスを待望する声は大きかったため、今回はこの要望に応えたものとなった。(記事:風祭・記事一覧を見る

関連キーワードGoogleYouTubeYouTube Music

「インターネット・ウェブサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース