根拠ない説広まりつつある「銀ブラ」、TVが意図的にフェイク流すとの批判も

2018年11月13日 22:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 「銀座をぶらつく」ことを意味する「銀ブラ」があるが、TBSテレビの番組「世界ふしぎ発見!」でこの「銀ブラ」の言葉の由来として、根拠が疑わしいとされている「銀座でブラジルコーヒーを飲むこと」が紹介されたそうだ(Togetterまとめ)。

 番組絵はあくまで「銀座をブラブラ歩く」という由来を紹介しつつ、その上で「もう1つの説」として「銀座でブラジルコーヒー」を紹介するという流れだったが、こちらの「銀座でブラジルコーヒー」説は三省堂国語辞典では「誤り」として否定されている(「銀ブラ」の語源はコーヒーと関係あるの?)。

 これによると、「ブラジルコーヒー」説は近年商業的に宣伝され始めたもので、元々の「銀ブラ」は大正時代から存在する言葉であることが文献によって明らかになっている一方、「ブラジルコーヒー」説は「確認できる最古が2003年12月」と、かなり新しい説らしい(これを解説する杉村喜光氏のTweet)。

 番組に対しては「諸説あります」として意識的に誤った説を流した、との批判も出ている。

 スラドのコメントを読む | メディア

 関連ストーリー:
「OKサインは白人至上主義」という偽ニュース、OKサインを出した警備隊員が任務から外される事態に発展 2018年09月20日
トランプ大統領、自ら「リアルニュース」の発信を開始 2017年08月09日
Google、Webで見つからないという意味の言葉「ogooglebar」のスエーデン語登録を阻止する 2013年03月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコーヒーブラジル銀座TBS

広告