新MacBook AirのGPU性能、2015年モデル以下か

2018年11月9日 21:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先日AppleがMacBook Airの新モデルを発表したが(過去記事)、この新MacBook AirのGPUは2015年モデルよりも遅いのではないかという話が出ている(Reddit)。

 スペック表に記載されている新MacBook AirのGPUは「Intel UHD Graphics 617」となっているが、2015年モデルのGPUは「Intel HD Graphics 6000」だ。UHD Graphics 617の詳細な仕様は不明だが、型番が近いUHD Graphics 620とHD Graphics 6000の仕様は以下のようになっている。

 UHD Graphics 620:実行ユニット24基/演算ユニット192基、最大クロック1000~1150MHz、メモリ帯域34.1GB/秒、384~441GFLOPS 
 HD Graphics 6000:実行ユニット48基/演算ユニット384基、最大クロック950~1000MHz、メモリ帯域25.6GB/s、729~768GFLOPS UHD Graphics 620はHD Graphics 6000と比べて実行ユニットや演算ユニット数が半分で、そのため性能面では劣るものになっている。新MacBook Airに搭載されているUHD Graphics 617の具体的なスペックは不明だが、型番を見る限りUHD Graphics 620を超えるものであるとは考えにくい。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ハードウェア | アップル

 関連ストーリー:
Apple、Mac miniを4年ぶりにアップデート 2018年10月31日
Intel、2020年に単体GPUをリリースすることを明らかに 2018年06月15日
RADEON GPUを搭載した「Kaby Lake G」搭載のNUC、店頭販売開始 2018年05月24日
Intel、CPU内蔵GPUを使って少電力でメモリ上のマルウェアをスキャンする技術を提供へ 2018年04月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleMacMacBook AirIntel

広告