AMD、CPU/GPUの次世代アーキテクチャを予告 Intelに先駆け新プロセス導入へ

2018年11月9日 21:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 AMDが次世代CPUおよびGPUの予告を行なった。これらはTSMCの7nmプロセスで製造されるという(4Gamer)。

 プロセスに関する技術的な情報はPC Watchが詳しいが、Intelは10nmプロセスでの量産に苦労しており、AMDは採用するプロセス技術でIntelに先んずたと主張している。Intelの10nmプロセスとAMD/TSMCの7nmプロセスは仕様が異なるため直接は比較しにくいが、Intelの10nmプロセスはAMD/TSMCの7nmプロセスと比べて配線間隔が若干狭いために苦労しているようだ。

 なお、予告された新製品のうちサーバー向けCPU「EPYC」の新モデルは2019年、GPU(「第2世代Vega」)についてはまずはワークステーション/サーバー向けモデルを2018年内にリリースするという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | Intel | AMD

 関連ストーリー:
遅れていたIntelの10nmプロセス採用チップ、Intelが出荷開始のメドが立っていることを明らかに 2018年11月07日
GlobalFoundries、7nmプロセスを中止へ 2018年08月30日
ARM曰く「次世代プロセッサーでインテルを追い抜く」 2018年08月20日
Intelの新サーバー向けCPUはAI向け性能が11倍に? 2018年08月15日
10nmプロセスで製造されるCore i3、限定投入へ 2018年05月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntelAMD (アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)

「精密機器・半導体・電子部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース