フードトラック最適配車の「TLUNCH」 運営スペースが100カ所突破

2018年11月7日 11:35

小

中

大

印刷

「TLUNCH」運営スペース数の推移。(画像: mellowの発表資料より)

「TLUNCH」運営スペース数の推移。(画像: mellowの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 モビリティサービスを提供するmellowは6日、フードトラックによるランチ提供サービス「TLUNCH(トランチ)」の運営スペースが、100カ所を超えたと発表した。

【こちらも】お金のデザイン、資産運用「THEO」でTHEO積立の引落し日を4つに拡大

 TLUNCHは、mellowが独自で収集・分析したデータを元に、オフィス街やビルなどの空きスペースにフードトラックを最適配車するサービス。フードトラックは、初期費用が安く手軽に始められる飲食業として魅力的だが、営業スペースが少ないのがネック。しかし、同サービスを利用することで、フードトラックオーナーは簡単に空きスペースを見つけることができるようになる。一方、空きスペースのオーナーにとっては土地の有効活用となり、今まで閑散としていた場に賑わいと新たな収益がうまれ、入居を考える企業へのアピールにもつながる。

 フードトラックの利用者は、専用アプリをダウンロードすると、どのフードトラックがいつ、どこに来るかを把握できる。配車側は、どこで何が売れるかのデータを解析し、それぞれの場所に最もマッチしたフードトラック配車するので、利用者が飽きずにメニューを楽しむ事ができる。フードトラックオーナーにとっても、場所ごとの販売データを活用して、利用者が望むメニューを提供できる。

 トラックオーナー、土地オーナー、利用者すべてにメリットがあるこのTLUNCHは、2016年のサービス開始以降2年9カ月で運営スペースが118カ所となった。この1年では約3倍の急成長となり、右肩上がりで数字を延ばしている。

 また最近では、行政との連携により高層ビルの足元にある「公開空地」の有効活用を積極的に進めているほか、QRコード決済を中心にしたキャッシュレス環境の整備、フードだけではなく「マッサージトラック」「ネイルトラック」「パーソナルジム」なども始める計画だ。展開する場所も、現在は都内が中心だが、大阪、福岡といった国内都市に加え、海外での可能性もあるとしている。

 移動店舗や多様なモビリティサービスだからこそできる街づくりの可能性は、ますます広がりそうだ。

「ベンチャー・中小企業」の写真ニュース

ベンチャー・中小企業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース