4K/8K放送に関するアンケート、4K放送をぜひ視聴したいとの回答は12%

2018年11月6日 23:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 今年12月より4K/8K衛星放送(BS/110度CS 4K8K放送)がスタートするが、「放送サービス高度化推進協会」(A-PAB)が行った「4K・8K市場調査結果まとめ」によると、「4K」という言葉を知っていると答えた人は57.2%、4K放送を視聴するにはテレビに外付けのチューナーを組み合わせるか、対応チューナー内蔵の4Kテレビが必要になることを知っている人は22.7%だったそうだ(読売新聞)。

 また、専用チューナーが必要というのを知っている人でも視聴したいのは約半数という結果になっている。

 この調査はインターネット経由で男女20〜69歳を対象に調査したもので、サンプル数は5000とのこと。4K放送を「ぜひ視聴したい」と答えたのは11.6%、まあ視聴したいと答えたのは28.3%となっている。ちなみに4Kテレビ所有者の割合は6.0%だったそうだ。

 スラドのコメントを読む | テレビ

 関連ストーリー:
4K/8K衛星放送、コピープロテクトとしてAACS2の採用が決定 2018年09月05日
4K放送はひとまず録画可能に 2018年03月27日
4K/8K放送で導入されるACASチップ、消費者へのコスト転嫁が批判される 2018年01月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード4K8K