Twitter、スパム報告機能を細分化して強化

2018年11月6日 13:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Twitterがスパム報告機能の一部をアップデートしたようだ(The VergeGIZMODO JapanITmediaSlashdot)。

 これによると、不適切な投稿をスパムとして「報告」する際に「偽物のアカウントがツイートしています」「有害なサイト、悪意のあるサイト、またはフィッシングサイトへのリンクが含まれている可能性があります」といった理由を選択できるようになった。

 なお、Twitterチームにレポートを送った後、どのような処理が行われるかについては不明。先日Twitterでは、ユーザーから「脅迫」として通報された投稿をルール違反と見なさず削除しなかったというトラブルも発生していた(ITmediaの別記事)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | spam | Twitter

 関連ストーリー:
Facebook、アカウントへの不正アクセス発生を伝えるニュース記事へのリンク投稿を一時ブロック 2018年09月30日
Twitter、買収した「Smyte」のサービスを買収発表の数十分後に停止、批判を浴びる 2018年06月26日
不正サイト検出サービスで悪評価を付けることで、そのドメインをスパム認定させられる? 2015年09月01日
Facebookがデマ防止機能を実装へ 2015年01月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterフィッシング

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース