Google、アカウントへのサインイン時にJavaScript有効化を必須へ

2018年11月6日 09:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Googleは今後、Googleアカウントへのサインイン時にJavaScriptの利用を必須にする方針だという。ログイン時にJavaScriptでの「リスク評価チェック」を実行するというのが理由(CNET JapanSlashdotExtremeTech)。

 なお、GoogleのデータによるとJavaScriptを無効にしているユーザーは0.1%ほどだそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | インターネット

 関連ストーリー:
無料キャンペーン期限をJavaScriptで自動更新していたプログラミングスクール、景表法違反もろもろで炎上 2018年10月18日
Android版Chrome、低速接続時のJavaScript無効化機能をデフォルトで有効にする計画 2018年08月26日
クロスサイトスクリプティングを解説するマカフィーのブログ記事にツッコミが入る 2018年06月13日
全米に1000人以上いる「Infinity」さん、名前がjQueryで適切に処理されない恐れ 2018年05月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleJavaScript

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース