かばんちゃんがいない?2019年1月放映『けもフレ2』にファン困惑

2018年11月4日 20:20

小

中

大

印刷

 TVアニメ『けものフレンズ2』の放送開始が2019年1月7日であることが発表され大きな話題となった。実はメインビジュアルとなる番組ポスターには、作品のキーパーソンともいえるキャラクター“かばんちゃん”の姿がなかったためでもある。

【こちらも】原稿盗用が発覚?『けものフレンズ2』次々に浮上する問題点とは

 前作が大きな話題となったTVアニメ『けものフレンズ』の続編である本作だが、これまでにも不自然な監督降板や台本盗用など、さまざまな問題が浮き彫りとなっているようだ。

■かばんちゃんはどこに?『けものフレンズ2』新情報にファン騒然

 『けものフレンズ2』の放送開始が2019年1月7日であることやキャスト及びスタッフが解禁となった。それに伴い第6弾となる新ビジュアルも公開されたのだが、そこには作品のキーパーソンである人間の少女“かばんちゃん”の姿がなかったことや、発表されたキャストでも名前がなかったことにより、多くのファンを落胆させてしまったようだ。

 実はこの新ビジュアルは“第6弾”とあるように、右からアライグマ、左からはアルマジロなどのキャラクターが、第1弾から順に少しづつ増えていく形式のもの。そのため一部ファンの間では「実は第7弾でかばんちゃんが登場するのでは?」と淡い期待が持たれてもいたようだが、11月2日に公開された「アニメJAM2018」メインビジュアルでもかばんちゃんの姿は確認できなかった。

 一方『けものフレンズ2』の監督が『アイカツ!』を手掛けた木村隆一氏であることなどが発表されたことで、SNSを中心に、多くのネガティブな発言も繰り返される事態に陥ってしまう。さらにたつき氏が新たに手掛けるTVアニメ『ケムリクサ』が、『けものフレンズ2』と同じ時期となる2019年1月放送予定であることから、一部ファンの間では「たつき氏がわざと(ケムリクサを)ぶつけてきたのでは?」と勘繰るものまで現われる事態に。ちなみに『ケムリクサ』の放送予定日は、10月29日に情報解禁となった『けものフレンズ2』より2カ月以上前に発表されている。

 前作『けものフレンズ』の主題歌フレーズに「けものは居ても、のけものは居ない」とあるのだが、多くのファンはたつき監督やかばんちゃんにこのフレーズを重ねてもいるようだ。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードけものフレンズ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース