ライフ RSS

 

東京医科大、出身校による入試の点数操作も

2018年10月29日 12:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

hylom 曰く、 特定の受験生に加点する個別調整による裏口入学や、女子受験生に対する一律減点の問題が判明した東京医科大が、この問題に関する「第一次調査報告書」を発表した(ニュースリリース報告書: PDF)。

報告書によると、同大の一般入試およびセンター利用入試では小論文の点数を操作することで、特定の受験者を優遇する属性調整が行われていたという。属性調整は小論文の点数に0.833をかけたものに受験者の属性に応じた加算点を加え、それを2点単位に繰り上げるというものだそうだ。

加算点は以下の通り。

  高等学校等コード51000以上: 0点 
 高等学校等コード51000未満: 現役男性5点、一浪男性4点、二浪男性3点、それ以外及び女性0点 ここで出ている「高等学校等コード」は「大学入学者選抜大学入試センター試験案内」から引用されたもので、51000以上には「外国の学校等」「在外教育施設」「専修学校の高等課程」「高等学校卒業程度認定試験」などが含まれ、出身校で点数が低くなるよう操作されていたことになる。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 教育 | 数学

 関連ストーリー:
米AmazonのAIによる履歴書判定システム、男性有利な判定が判明して開発中止になっていた 2018年10月14日
東京医科大、女子受験生に対し一律減点を行なっていた 2018年08月03日
東京医科大学で裏口入学が発覚、毎年10人前後を不正に合格させていた 2018年07月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「教育」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース