ローソン、「柏農 もも色コッペパン」など限定発売 青森の高校生と共同開発

2018年10月24日 20:26

小

中

大

印刷

「柏農 もも色コッペパン」(写真:ローソン発表資料より)

「柏農 もも色コッペパン」(写真:ローソン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「柏農 ももとりんごのクレープ」(写真:ローソン発表資料より)

 ローソン(東京都品川区)は、青森県立柏木農業高等学校(青森県平川市)の生徒らと共同開発した「柏農(はくのう) もも色コッペパン」と「柏農 ももとりんごのクレープ」を、10月30日より期間限定で発売すると発表した。青森県内のローソン255店舗での販売となる(価格はいずれも税込)。

【こちらも】ローソンストア100、秋の食材を使い「秋の味覚フェア」開催 食欲の秋の到来で

■柏農 もも色コッペパン 140円

 青森県産の米粉を使用したもっちりとした食感の桃色コッペパン。青森県産の桃から作ったジャムとホイップクリームをサンドした。生地には桃のフレーバーが練り込んであるという。

■柏農 ももとりんごのクレープ 298円

 コッペパンとともに販売するのは、青森県産の桃とリンゴを使ったクレープ。桃ジャムとりんごジャム、りんご果肉、スポンジ生地、カスタードクリーム、ホイップクリームが包まれている。

■りんご農家が作る「桃」を発信

 今回販売するベーカリーとデザートは、柏木農業高等学校・生活科学科2年の生徒7人が考案したメニューを商品化したもの。青森県産の「桃」と聞くと意外に思えるが、同県では、北国の気候を生かし山梨県など他産地の出荷が終わりに差し掛かった頃に旬を迎える形で桃の栽培を行っている地域がある。平川市もそのひとつで、りんご農家の若者が中心となり栽培に取り組んでいる。そういった地元の桃を発信したい高校生と、地域に密着して地産地消を進めるローソンの想いから今回のコラボ商品が実現したという。

 ローソンではこれまで、ご当地食材を使った商品を数多く販売。今年の全国高校野球選手権大会で快進撃をみせた金足農業高校との共同開発商品「金農 パンケーキ」は、SNSなどでの話題により、再発売・拡大販売に至っている。(記事:西舘妙子・記事一覧を見る

関連キーワード青森県コラボレーションローソン

広告

広告

写真で見るニュース

  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
  • マイナーチェンジしたホンダ・シャトル。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース