アヴァロン、2019年春夏コレクション発表 岐路に立たされた機能性

2018年10月23日 08:41

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アヴァロン(AVALONE)の2019年春夏コレクションが2018年10月19日(金)に、東京・中目黒で発表された。

■ワークウェアの機能性の行方

 コレクションのベースは、最初から変わらずワークウェアだった。しかしながら、直球でそれらが元来の役割を果たしているわけではなく、今季のスタイリングのなかでは誇張、矮小することでワークウェアの意義、そしてその機能性の在り方が揺らがせている。

 ファイヤーマン、あるいはフィッシャーマンのどちらもの要素をくみ取ったような、鮮やかなイエローのパーカーは、ダブルステッチのワイドパンツとともに。コンパクトなベストもまたミリタリーに由来してのことだろうし、テクニカル素材のジョガーパンツもまた働く人を想起させるものへの回帰だ。

 と思いきや、プルオーバーはカジュアルなスウェットと品のあるリブニットでつくるハイブリッドのデザインだったり、ネオプレンのようなハリのあるテクニカル素材はまるでスウィムスーツのようなトラックジャケットに適応させたりと、機能性での矛盾が生じている。ここでの実用性とデザイン性は表裏一体らしい。

 スタイリングで言えば、装飾的な箱状のポケットが取り付けられたボックスシルエットのベストには、バイカラーの革パンツを組み合わせた。また、グログランベルトを垂らしたアウターは、まるで防弾チョッキのような風貌。そこに敢えて、光沢感のあるレザーパーカーをあわせて、ストリート感とともにリッチな印象を生み出している。

 前述したように、それがそのまま機能的に生かされているわけではないが、ディテールもまた極めて機能的デザインにフィーチャーしている。登山の際に役立つであろうカラビナとロープは、男性のユニフォームであるスーツをカジュアルに再解釈したジャケットと、パンキッシュなレザーパンツの中で活かされた。また、レーサーが身に着けるようなサポーターは、ダブルニーのようにスキニーへと吸収され、機能性という面ではなく装飾性の面を見出し、本来とは違う道を歩んでいる。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2019年春夏コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース