「ダイエット家庭教師」で話題のFiNC ヘルスケアアプリは300万DL突破

2018年10月22日 21:29

小

中

大

印刷

 個人向けに「FiNCダイエット家庭教師」、法人向けに「FiNC for Business」を展開しているFiNC Technologies。FiNCのダイエットには、「体質を遺伝子検査」「栄養士やインストラクターによるマンツーマン指導」「過度な我慢をしない」などの特徴がある。

【こちらも】ベネフィット・ワン 人工知能を活用した優待サービス提案のための共同分析を実施

■我慢しないダイエットを追求

 FiNCのモットーは「我慢しないダイエット」。辛い食事制限や過度な運動でやせるダイエットは、身体に負担がかかるうえ、ダイエットをやめた瞬間リバウンドしがちだ。そこでFiNCは、我慢しなくても健康的にやせられるメソッドを導入している。

 たとえばFiNCメソッドは、面倒なカロリー計算をしない。「炭水化物:たんぱく質:野菜=1:2:3 で食べるように」と指導している。また、辛い運動をさせられることもない。プロトレーナーが、体型やライフスタイルに合わせたメニューを提案してくれる。

■FiNCメソッドはプログラム終了後も役立つ

 FiNC の60日間ダイエットプログラム「ダイエット家庭教師」は、自分の状態を知ることから始める。遺伝子検査で「糖質による太りやすさ」「脂肪燃焼のしやすさ」などの体質を確認し、生活習慣に隠されたリスクや改善点を分析する。

 次に自分の状態をふまえたうえで、栄養士などの専門家と二人三脚でダイエットを進めていく。1日3食撮影してアプリで送ると、「手のひらの半分が炭水化物の適正量」「食事は野菜から食べてください」などと担当者がアドバイスしてくれる。

 ダイエットがうまくいかず落ち込んだときもサポートしてくれるFiNCダイエット家庭教師は、デイリーアクティブユーザー率95%を誇る。プログラムで知った自分の体質やダイエットのコツは、プログラム終了後も活用できる。そのため、「プログラム終了後も体重が減り続けている」という喜びの声があがっているという。

■9月には約55億円の資金調達に成功

 FiNCメソッドは、「吉野家」「明治安田生命」など150社以上に導入されている。また2017年からは、ユーザーのコストを抑えるためAIを内蔵したアプリ「FiNC」の提供を開始した。アプリは9月、300万ダウンロードを突破。こうした実績が評価され、9月には約55億円の資金調達に成功した。

 溝口勇児社長が2012年に創業したFiNC Technologies(設立当初の社名は株式会社FiNC)。「Personal AI for everyone’s wellness」をミッションに掲げる同社は、将来的には心身の健康全般の悩みを解決するプラットフォーム確立を目指している。

関連キーワードヘルスケアFiNC

「ベンチャー・中小企業」の写真ニュース

ベンチャー・中小企業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース