シンバイオ製薬は新薬に関する発表のつど株価が急動意となり高値に接近

2018年10月22日 13:15

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「トレアキシン」の自社販売準備、「リゴセルチブ」の米国特許など注目される

 シンバイオ製薬<4582>(JQG)は10月22日の後場寄り後に13%高の269円(31円高)となり、同18日につけた高値289円に向けて大きく出直っている。引き続き、18日付で発表した「米国におけるリゴセルチブの新特許取得」などが注目されていて、値幅妙味が強まってきたとして注目する様子もある。

 このところ、新薬に関する発表の都度、株価が急動意となって上値を追っている。9月27日付で「抗悪性腫瘍剤『トレアキシン』の(中略)一部変更承認申請」を発表し、それまでの100円台前半から後半の水準へと急伸。10月16日には「トレアキシンの自社販売に向けた準備開始」を発表してから一段高となった。全体相場が重くなる局面では、材料株物色に乗ってバイオ株が動意づくことが少なくないが、最近はバイオ株の中でもシンバイオ製薬の値動きの軽さが目立っている。10月1日をもって第45回新株予約権の権利行使が完了したと発表済みで、需給面での不安感が当面、後退したことも寄与しているようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告