HYKE、2019年春夏コレクション発表 米英仏のミリタリーウェアを再構築

2018年10月22日 12:00

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 HYKE(ハイク)の2019年春夏コレクションが、2018年10月18日(木)に発表された。

 インスタレーション形式から、本格的なランウェイショーへと発表の場を移行したHYKE。ファッションショーの舞台となったのは東京・寺田倉庫、コンクリートに覆われた無機質な会場だ。裁縫工場など洋服を作る現場で採取したという音を使ったショーミュージックも相まって、ランウェイはインダストリアルなムードに包まれた。

■アメリカ、イギリス、フランスの軍服を再構築

 シーズンテーマを設けず、何かしらのスタイルや古着などをインスピレーション源に新作コレクションを築き上げているHYKE。今季は前シーズンに引き続き"ミリタリー クロージング(MILITARY CLOTHING)"をキーワードとしながら、アメリカ、イギリス、フランス...と複数の国々の軍服を再構築したピースを展開していく。

 ファーストルックを飾ったのは、アメリカ海軍のデッキパーカ"サルベージパーカ"をアレンジしたプルオーバー。特徴的な大きいポケットを斜めに傾けて配置したり、袖口をベルトで結んだようなディテールを施したりすることで、モダンな印象に仕上げている。

 ストライプ柄のシャンブレーシャツは、パフスリーブとアシンメトリーな裾を採用したエレガントなドレスへと姿を変えた。ウエストをマークするロープ風のベルトが、海兵のユニフォームとしての面影も感じさせる。

 ミリタリークロージングを再構築したアイテムが、トップスやアウターだけでなく、ボトムスにも散見されたことは、今季の特徴の1つかもしれない。ランウェイでは、アメリカ陸軍のフィールドパンツをベースとしたボリューミーなシルエットのカーゴパンツや、イギリス陸軍のグルカショーツをモデルにしたハーフパンツ、フランス陸軍のモーターサイクルパンツをアレンジしウエストや裾にベルトディテールを配したロングボトムなどが展開された。

 コレクションを彩るのは、カーキやベージュといったアースカラーをベースに、ホワイト、ブラックなど。また、HYKEとしてはめずらしい鮮烈なレッドもポイントカラーに起用し、アイコニックなパイソン柄ドレスやシューズなどを染め上げていた。

■シアーなピースでフェミニティをプラス

 スタイリングで特筆すべきは、こういったアーミーなピースに、シアーな素材を差し込むことでフェミニティを加えている点。デッキパーカには透け感のあるプリーツスカートを合わせたり、フライトジャケットから軽やかなワンピースを覗かせたりすることで、柔らかな女性らしい印象をプラスしている。

■ザ・ノース・フェイスとのコラボ第3弾

 また、2018年春夏秋冬に次ぐ3シーズン目となる、ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)とのコラボレーションコレクションも披露。

 ランウェイに現れたのはブランドロゴをフロントにあしらったポンチョ風ロングコートや、ブロックカラーを取り入れたトップス、プリーツスカートなど。アウトドアウェアとしての機能性や、ザ・ノース・フェイスのヘリテージを感じさせるデザインはそのままに、HYKEらしいモダンな解釈を加えたピースが揃った。また、控えめにロゴを配したキャップやソックス風スニーカーなど、過去のタッグでは見られない新しいアイテムの登場も予感させた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションザ・ノース・フェイスHYKE(ハイク)2019年春夏コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース