GPU-Z、偽のNVIDIAカード検出する機能を搭載

2018年10月20日 21:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 海外では低価格モデルや旧世代のグラフィックカードをハイエンドモデルや新モデルに偽装した偽物が出回っているそうだ。そのため、TechPowerUpがリリースするビデオカードのチップ情報などを読み取るユーティリティツール「GPU-Z」に偽のNVIDIAカードを検出する機能が追加されている(リリースノート)。

 この新機能では、偽のビデオカードが検出された場合、アイコンが感嘆符入りのものに変わり、名称の前に[FAKE]の表示が付く。これにより、該当のグラフィックボードが正規のものが分かる。TechPowerUpによると、現時点では偽のAMD製ビデオカードについては認識できないとしている。

 なお、偽のビデオカードは中国で製造され、eBay経由で流通していることが多いとされている(BleepingComputerGame*SparkSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | ソフトウェア | ハードウェアハック

 関連ストーリー:
低価格なSSDでは低品質なフラッシュメモリが使われている可能性がある 2018年06月07日
アイスランドやマレーシアで仮想通貨採掘機材の盗難事件が頻発 2018年03月08日
SETI、仮想通貨採掘ブームの影響によるGPU高騰で予算不足に 2018年02月19日
米国でCorei7の拙劣な偽造品が出回る 2010年03月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国NVIDIA

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース