(中国)上海総合指数は1.06%安でスタート、景気の先行き不安が再燃

2018年10月19日 10:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:40JST (中国)上海総合指数は1.06%安でスタート、景気の先行き不安が再燃
19日の上海総合指数は売り先行。前日比1.06%安の2460.08ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、0.70%安の2468.97ptで推移している。景気の先行き不安が再燃していることが圧迫材料。李克強首相は17日、「中国経済が下振れ圧力に直面している」と発言した。また、欧米市場の下落など外部環境の悪化なども中国株の売り圧力を強めている。《AN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース