IHNN、2019年春夏コレクション発表 生きた肌に触れる服

2018年10月18日 22:44

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 IHNN(イン)は、2019年春夏コレクションを「Amazon Fashion Week TOKYO 2019 S/S」1日目の2018年10月15日(日)に、新宿・文化学園で発表した。

■IHNN初のランウェイショー

 IHNNがショー形式でコレクションを発表するのは、今回が初。デザイナー・イン チソン(印致聖)の母校でもある文化学園を舞台に、マーチングバンドの緊張感ある生演奏とともにショーが幕を開けた。グラフィックプリントや、多彩な素材の組み合わせ、大胆な配色など、IHNNのアイデンティティを辿っていくようなコレクションが展開された。また、冨永愛が、モデルとしてランウェイに登場した。

■“肌”から着想を得たジェンダーレスな表現

 今シーズンのインスピレーションは、“スキン”=肌。肌を守る服、という服の定義の前では性別を分けて考える意味がない。だからこそ、男性モデルが化粧をし、レディースのウェアに身を包んだり、女性モデルが素肌にガウンをまとい、あえて開けっ広げに着てみたり、ヘアスタイルも既成のイメージにとらわれず様々だったり。男女のボーダーを軽々と越え、行き交うようなルックが散見された。

■力強い色彩表現

 燃えるような赤、目に飛び込んでくるようなスカイブルー、はっきりとした黄緑など、個性の強いカラーを自在に組み合わせることで、アーティスティックなウェアを構築。ホワイト、ベージュ、レッド、マスタードイエローのプリーツ生地を組み合わせたスカートや、肌に馴染むようなライトベージュのオーガンザとツヤのあるレッドの生地を切り替えたジャケットなど、パワフルな色彩表現が、生き生きとした空気感をもたらす。

■光を通す透明感

 また、透け感のあるファブリックが多用されていたのも印象的。柔らかなホワイトのシャツワンピース、鮮やかなグラフィックプリントを乗せたブラウス、ニュートラルなイエローが落ち着いた雰囲気の、空気を含んだようなブラウスなど、服の持つ透明感によって、光をそのまま身に着けているような、神秘性を孕んだオーラが生み出されていた。

■アクティブ&モードな造形

 フォルムはアクティブかつモード。ハイウエストのパンツ、ミニ丈のワンピース、タイトなサイドラインパンツ、ブラトップ、バックを編み上げたキャミソールなど、活発なイメージのアイテムが目に留まる。ストラップをたすき掛けのようにして着るスカートは、溌溂とした印象だ。さらに、袖口にあしらったリボンや、ウエストのベルト、ワンピースの前後に施した装飾など、身体性とは無関係に長く伸びるディテールが、服に“動”の表現をプラスする。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードAmazon Fashion Week TOKYO2019年春夏コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース