エボニー、2019年春夏コレクション いつも立ち寄る、居心地の良い喫茶店

2018年10月17日 22:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 エボニー(EBONY)の2019年春夏コレクションが発表された。

■いつも立ち寄る"喫茶店"に着想

 エボニーは、強さを感じる見た目の中にも、素材の暖かさを感じられるウェアを提案することをコンセプトに、2018年春夏コレクションでデビュー。3シーズン目となる今季は、デザイナーで創業者の石野愛弥がデザインする際に立ち寄る"喫茶店"に着想を得たクリエーションを展開していく。

■花柄の椅子をイメージしたテキスタイル

 喫茶店にある花柄の椅子は、光沢感のある糸を織り込んだジャカード布地に姿を変えた。椅子の花柄により一層の力強さを加えたこのオリジナルパターンのテキスタイルは、ドレスやスカート、セットアップなど多くのアイテムに採用されている。

■壁の色を表現したブルーグリーン

 スモーキーな青緑色の壁は、シーズンのポイントカラーに。和紙の入った少し硬さのある糸、アセテートの入った柔らかい糸など、表情の異なる6種類の糸をミックスすることで複雑な柄を表現したブラウス、ノースリーブトップスなどに起用されている。

■ウェイターを意識したマスキュリンなピース

 ウェイターのユニフォームを反映したのは、ブランド初となるシャツやジャケット、ピンストライプのスーツ地といったマスキュリンなピース。エボニーが得意とするエスニックなムードや素材使いはそのままに、テキスタイルやアイテムで男性的な要素をプラスしている。

 マニッシュなピースを仕上げる際にポイントとなったのは、"包む"ことを意識したシルエットづくり。ナチュラルなリネン素材に、ピンストライプのスーツ地を包むように加えたワンピースや、ウエストマークで腰回りを包み込むようなデザインベルトを付けたパンツなどを展開する。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2019年春夏コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース