デジタル資本主義がやってくるvol.2 第一次産業革命による産業資本主義の誕生【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】

2018年10月17日 17:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:00JST デジタル資本主義がやってくるvol.2 第一次産業革命による産業資本主義の誕生【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
◆フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議の主要構成メンバー
シークエッジ グループ代表 白井一成
フィスコIR取締役COO 中川博貴
フィスコ取締役 中村孝也

【フィスコ世界経済・金融シナリオ会議】は、フィスコ・エコノミスト、ストラテジスト、アナリストおよびグループ経営者が、世界各国の経済状況や金融マーケットに関するディスカッションを毎週定例で行っているカンファレンス。主要株主であるシークエッジグループ代表の白井氏も含め、外部から多くの専門家も招聘している。それを元にフィスコの取締役でありアナリストの中村孝也、フィスコIRの取締役COOである中川博貴が内容を取りまとめている。2016年6月より開催しており、これまでにも今後の中国経済、朝鮮半島危機、第四次産業革命後の日本経済の分析、仮想通貨と日本経済のゆくえなどの分析・考察を行ってきている。

◇以下は、フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議で議論したことをFISCO監修の投資情報誌『FISCO 株・企業報 2018年冬号 −10年後の日本未来予想図』(10月5日発売)の特集『デジタル資本主義がやってくる ~パワーシフトの波に乗れ!~』でまとめたものの一部である。全8回に分けて配信する。


「10年後の日本未来予想図」という今号の特集テーマに際し、フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議では、10年後の未来を考えるにあたり、その根幹を貫くキラーワードが「デジタル資本主義」であると考えた。「デジタル資本主義」とは何なのか。それが我々の住む日本に何をもたらすのか。同分析会議の主要構成メンバーの1人であるフィスコIR取締役COOの中川博貴氏に話を伺った。

~資本主義の進化を振り返る~

■第一次産業革命による産業資本主義の誕生

資本主義の限界が唱えられるようになって久しいが、今のところこれに代替する仕組みはない。これまでの歴史を振り返ってみても、資本主義は時代とともにそのかたちを変容させてきた。そして、今、私たちは次の資本主義のフェーズへと移行する過渡期にある。歴史は繰り返すといわれるが、これから起こりうる変化を感じ取るために、まずはこれまでの資本主義の歴史を振り返っておきたい。

資本主義が辿ってきた過去を振り返るとき、18世紀半ばから19世紀にかけてイギリスで起こった産業革命がひとつの分岐点になっている。産業革命以前の資本主義は、簡単にいえば、とあるモノ(商品)を需要のある場所へと移動させることで富を蓄積させる、いわゆる「商業資本主義」だった。この時代の利益の源泉は、「ここ」に当たり前にあるモノを、「ここ」よりも高く売れる「よそ」へ持っていって売ることだった。つまり、「場所による価値の差異」で利益を生むことで利潤を追求した。

たとえば、15世紀半ばから17世紀の大航海時代に、商人がシルクロードや海を行き来し、ヨーロッパ、中東、中国の交易が活発になった。商人たちは、安いモノを輸送して高く売ることによって貨幣(金や銀)を蓄積した。代表的なのは、胡椒やクローブ、シナモンといった香辛料だ。ポルトガル、スペイン、オランダ、イギリスといったヨーロッパの上流階級は、肉の味付けと保存のために香辛料を競って手に入れようとした。

他方、15世紀ごろからイギリスでは、毛織物業で労働者を単一の工場に集めて商品をつくるマニュファクチュア(工場制手工業)という形態が生まれた。経営者である資本家は、それまでの職人とその家族による手仕事でモノをつくる家内制手工業から、低賃金の労働者を雇って組織化された生産体制をつくりあげた。これにより生産性は向上し、商品を安く生産し、高く売ることで利潤を得るようになっていく。

そして、18世紀末以降にイギリスで蒸気機関が発明されると、工場制機械工業が生まれた。これが“工場化”を進めた「第一次産業革命」である。資本家は私財を投じて工場をつくり、機械を使ってそれまで以上に製品を多く生産できるようになった。工場に資産を投じ、労働者を雇う選択ができた人は富を蓄え、ブルジョワジーとなった。

このように主な資産が工場や産業設備で、低賃金の労働者を雇用することで余剰価値を生み出す資本主義の形態を「産業資本主義」という。

第一次産業革命のときには、農村に労働力となる人が余っていたため、低賃金で雇える労働力を手に入れるのに困らなかった。つまり、リスクを負いながらもマネーを投じて工場・設備を買い、労働力を調達できれば、利益を得ることができた時代だった。

(つづく~「デジタル資本主義がやってくるvol.3 第三次産業革命による産業資本主義の限界【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】」~)

◆執筆者
シークエッジ グループ代表 白井一成
フィスコIR取締役COO 中川博貴
フィスコ取締役 中村孝也

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース