ヒアリは特定のウイルスに感染すると食べ物の嗜好が変わる 京大の研究

2018年10月11日 18:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 最近国内で確認され話題となった外来生物のヒアリは、「SINV-1」というウイルスに感染すると食べ物の嗜好が変化するそうだ(ITmedia京都大学の発表Scientific Reports掲載論文)。

 研究チームがこのウイルスに感染したヒアリを観察したところ、感染後は採食活動の低下や脂質摂取量の減少などが確認できたという。これは、感染から回復するために「脂っこい食事の代わりに炭水化物を食べる」ように見えるという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
米国・ヒューストン、洪水に浮かぶヒアリの筏 2017年09月02日
ヒアリ、関東で発見 2017年07月07日
大阪港でヒアリの女王アリが確認される 2017年07月05日
ヒアリに続き、今度はアカカミアリという有毒のアリが見つかる 2017年06月27日
強い毒を持つ南米原産の蟻「ヒアリ」、日本上陸か 2017年06月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード京都大学ヒアリ

「自然環境・動植物」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース