(中国)上海総合指数は3.04%安でスタート、海外市場の下落や米中関係の悪化懸念で

2018年10月11日 10:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:50JST (中国)上海総合指数は3.04%安でスタート、海外市場の下落や米中関係の悪化懸念で
11日の上海総合指数は売り先行。前日比3.04%安の2643.07ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時44分現在、2.48%安の2658.23ptで推移している。海外市場の下落が警戒され、中国株にも売りが先行。また、米中関係の悪化懸念が高まっていることも指数の足かせになっている。このほか、海外マネーの流出の不安がくすぶっていることがリスク回避の売りを加速させている。《AN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース