(中国)上海総合指数は3.04%安でスタート、海外市場の下落や米中関係の悪化懸念で

2018年10月11日 10:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:50JST (中国)上海総合指数は3.04%安でスタート、海外市場の下落や米中関係の悪化懸念で
11日の上海総合指数は売り先行。前日比3.04%安の2643.07ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時44分現在、2.48%安の2658.23ptで推移している。海外市場の下落が警戒され、中国株にも売りが先行。また、米中関係の悪化懸念が高まっていることも指数の足かせになっている。このほか、海外マネーの流出の不安がくすぶっていることがリスク回避の売りを加速させている。《AN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース