Windows 10 October 2018 Updateでのデータ消失問題、原因が判明

2018年10月11日 09:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Windows 10 October 2018 Updateを適用時に一部環境でユーザーのファイルが消失する問題が報告されているが(過去記事)、この問題の原因はOneDriveの「重要なフォルダーを保護する」機能の不具合だったという(窓の杜)。

 この機能はユーザードキュメントをOneDriveに移す機能だが、特定のケースで適切に動作せず、他の処理との組み合わせでファイル消失が発生する場合があったという。

 なお、この問題で被害を受けたユーザーに対し、Microsoftが連絡を求めている(Engadget Japanese)。MicrosoftのWindows 10更新履歴ページでは具体的な復旧手段については説明されていないものの、Microsoftへの連絡を求めているとのことで、なんらかの対応手段が用意されている可能性があるようだ。

 スラドのコメントを読む | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft、Windows 10 October 2018 Updateのロールアウトを一時停止 2018年10月06日
英高等法院、修理でiPhoneのデータを消去された男性に対する賠償金の支払いをAppleに命じる 2015年12月04日
富士ゼロックスの「DocuWorks 8」に不具合、ドライブ内の全ファイル消失の可能性も 2014年03月20日
Pixar のトイ・ストーリー 2、制作中に「rm *」で全ファイルが消失していた 2012年05月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース