ライフ RSS

 

米眼科学会、ブルーライトが目に悪影響を与えるという説に反論

2018年10月5日 16:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米眼科学会(American Academy of Ophthalmology)が、「スマートフォンから出るブルーライトで失明することはない」という記事を公開しているlifehacker)。

 昨今、液晶ディスプレイなどから発せられるとされる「ブルーライト」が目に悪いという説が巷に出回っている。ブルーライトをカットすると謳う対策商品も出ている。ブルーライトが目の細胞に悪影響を与えるという科学論文も出ているのだが(The Verge)、今回公開された記事はこれに対し米国眼科学会が反論したものになっている。

 記事によると、この研究における実験で用いられている細胞は網膜由来のものではなく、実験環境も現実を完全に模したものではないという。さらに、目にはこのような悪影響を防ぐメカニズムが備わっているという。また、米眼科学会はブルーライトをカットする対策商品についても効果が実証されていないとして推奨しないとしている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | モニター

 関連ストーリー:
ブルーライトカット眼鏡には躁の症状を軽減する効果がある? 2016年08月05日
ブルーライトは活性酸素を発生させて目の細胞を死滅させる? 2014年07月25日
欧米では「ブルーライト」の規制に向けた調査が始まっている 2013年08月28日
ブルーライトの影響を「感じる」人は40.8% 2013年08月20日
ブルーライトによる人体への影響、実際のところはまだよく分からない 2012年10月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードブルーライト

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース