ウイルスバスターのWindows大型更新防止機能に不具合、有効でも更新の可能性

2018年10月5日 10:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 トレンドマイクロの「ウイルスバスター」シリーズでは「互換性問題を予防するため」としてWindowsの大型アップデート適用をブロックする機能がデフォルトで有効になっているのだが、先日リリースされたWindows 10の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」については適用をブロックできずにインストールされてしまう問題が出ているという(トレンドマイクロの「Windows 10 Update対応予定」ページ黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition)。

 また、ウイルスバスターが大量にメモリやリソースを消費しているという報告もTwitterに投稿されている(Togetterまとめ)。

 ウイルスバスターについては、昨年のFall Creators Update時もトラブルが発生していた(過去記事)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | Windows | IT

 関連ストーリー:
九州大学、セキュリティ対策ソフトの不具合により約500件のトラブル発生 2018年06月18日
Windows 10のApril Update 2018適用後、Intel製SSD搭載マシンでの不具合が確認される 2018年05月18日
「ウイルスバスタークラウド」とFall Creators Updateの組み合わせでPCが正常に起動しなくなる問題が確認される 2017年10月21日
Windows 10 Anniversary Updateの累積的な更新プログラムに一部環境で不具合が発生 2016年10月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsWindows 10トレンドマイクロCreators Update

関連記事

広告