8月の家電出荷額、過去10年間で最高に 前年比4.6%増で4カ月連続プラス

2018年9月26日 18:38

小

中

大

印刷

 25日、日本電気工業会(JEMA)は、2018年8月の民生用電気機器の国内出荷額が前年同月比4.6%増となる1,950億円になったと発表した。前年比増となるのは4カ月連続のことで、8月の国内出荷額としては、過去10年間で最高となる。8月は全国的に猛暑が続いたことから、ルームエアコンの出荷数が大きく伸び、全体をけん引する形となった。

【こちらも】ショッピングセンター8月売上は0.9%増 2カ月ぶりに増加 日本SC協会

 主要製品の国内出荷額をみると、ルームエアコンは前年比13.1%増の655億3,900万円、電気冷蔵庫は同9.9%増の449億3,500万円、電気洗濯機は同0.2%増の262億200万円、電気掃除機は同4.8%減の81億3,600万円、電子レンジは同7.6%減の62億500万円、ジャー炊飯器は同2.5%増の73億1,200万円、IHクッキングヒーターは同6.0%減の56億3,600万円だった。

 また国内出荷台数では、ルームエアコンは前年比14.5%増となる81万8,000台、電気冷蔵庫は同2.7%増の39万5,000台、電気洗濯機は同1.1%減の35万5,000台、電気掃除機は同7.0%減の38万2,000台、電子レンジは同2.9%増の21万6,000台、ジャー炊飯器は同5.3%増の36万9,000台、IHクッキングヒーターは同3.1%減の5万7,000台だった。

 好調だったルームエアコンは、例年であれば需要のピークは7月上旬に迎えるが、今年は8月にかけて暑い日が続いたため、販売が好調のまま推移したとみられる。また、電気冷蔵庫、ジャー炊飯器なども出荷額、出荷台数ともに前年同月を上回った。一方、不調だったのは電気掃除機、IHクッキングなどで、出荷額、出荷台数ともに前年同月比マイナスとなった。夏の商戦は終わりを迎えたが、10月からは冬の商戦が本格的に始まる。各家電メーカーは、冷房需要に続けて今度は暖房需要でルームエアコンの販売増に期待している。(記事:荒川・記事一覧を見る

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース