M(エム)2018年秋冬コレクション 自然の芸術品「鉱石」がもたらす高揚感を表現

2018年9月12日 21:54

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ミュベール(MUVEIL)の中山路子が手掛ける「M(エム)」の2018-19年秋冬コレクションが発表された。「ミネラル コレクション」と題された今季は、“鉱石”の色、質感、パターンをロマンティックに洋服に落とし込んだ。

■“鉱石”に魅せられて

 デザイナー中山の心を動かしたのは“鉱石”が持つ自然本来の造形の美しさ。原石から磨かれ、眩しいほどにキラキラと輝く宝石とは異なり、果てしない時間を積み重ねて生まれた、その姿形。自然が作り出した芸術品ともいえる“鉱石”から学びを深め、纏う者の美しさを引き出すウェアを作り出していく。

 印象的なのは、“鉱石”を手にしたときのような高揚感を覚えるオリジナルのプリント。肌を透かせるほど薄いシースルー素材に“鉱石”プリントを施した。結晶のレイヤーやインクルージョン(不純物)まで再現されたプリントは、繊細でありながらも強いエネルギーを持っている。デコルテのラインを綺麗にみせてくれるブラウス、プリーツ生地を差し込んだスカートなど、様々なシルエットになって登場している。

■不規則に伸びる結晶がニットへ変わるとき

 また、肌に触れたときに思わず微笑んでしまうほど、柔らかなニットも、今季を象徴するピースの一つ。毛足の長いカシミヤを贅沢に100%使い、表面にファー加工を施した。イメージしたのは、不規則に伸びる結晶。思うがまま自由に広がる、自然の姿を秋冬のニットを使って詩的に表現している。

■宮沢賢治の一節から切り取った“鉱石”にまつわるメッセージ

 そして、洋服一つひとつには“鉱石”にまつわるメッセージを添えて。実は“鉱石”のファンだという文豪・宮沢賢治の『春と修羅』から1フレーズ切り取り「雲がちぎれてまた夜があけて それは黄水晶のひでり雨」と刺繍で綴ってタグにのせた。

■光を受けて輝くPVCバッグ

 装いと合わせてコーディネートしたい、バッグにももちろん“鉱石”のニュアンスをプラス。陽にかずと、光を受けて輝くPVC素材を使ってコンパクトサイズのバッグをデザイン。オリジナルプリント同様に、模倣できないほど個性の強い模様が全面にあしらわれている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードミュベール(MUVEIL)中山路子2018年秋冬コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース