ザ・ノース・フェイス パープルレーベル、18秋冬コレクション発表

2018年9月12日 21:58

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(THE NORTH FACE PURPLE LABEL)が、2018-19年秋冬コレクションを発表した。

■シープスキンのダウンジャケット

 秋冬シーズンの主役"アウター"の中でも目玉となるのは、ブランド史上初のシープスキンを使用したダウンジャケットだ。アイコニックなダウンジャケットにのせた、なめらかな質感のシープスキンが、上品な表情を生んでいる。また、アームの内側に位置するパーツには、シープスキンに特殊加工でデニム地のような質感を加えることで、メリハリを与えた。

■インディゴブルーのアウター

 マウンテンウインドパーカやダウンベストを彩るデニムカラーも目を惹く。縦糸にインディゴ染色のコットン、横糸にはナイロンを用いたテキスタイルに、ウォッシュ加工を施すことにより、インディゴの自然な色落ち感を表現している。

 インディゴブルーのマウンテンウインドパーカは、裏地のメッシュにレッド、ファスナーにホワイトを取り入れ、全体をトリコロールカラーで纏めた。デザインは、肩とポケットフラップに凹凸感のあるポリエステルタフタを配してアクセントに。ウィメンズサイズは、袖をボリュームのあるシルエットで仕上げた。また、インディゴブルーに彩られたダウンベストは、肩部分にポリエステルタフタを使用し、ゆったりとしたサイズ感で提案。ウィメンズサイズは、ファスナー部分をフロントからずらしたアシンメトリーなデザインもポイントだ。

■人体からの遠赤外線を熱に変える"光電子ダウン"

 アウターはデザインだけでなく機能性にも優れており、撥水加工を施したシェラベストなどには、人体からの遠赤外線を熱に変えて保温する高機能素材"光電子ダウン"を採用。体温による自然なぬくもりを身に纏うことができる。

■ブーティやキャップも

 デザイン性と機能性を兼ね備えたウェアの他にも、ウェザープルーフのブーティや、ハリスツイード(Harris Tweed)のテキスタイルを採用したキャップ、ザ・ノース・フェイスのアーカイブをベースとしたデイパックなど、小物類も充実している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードザ・ノース・フェイス2018年秋冬コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース