日本設計SIMフリーガラケー「un.mode phone01」発売 通話とSMSのシンプル機能

2018年8月28日 17:25

小

中

大

印刷

「un.mode phone01」(画像: テラ)

「un.mode phone01」(画像: テラ)[写真拡大]

写真の拡大

  • 使用イメージ。(画像: テラ)

 日本メーカーが作る本格SIMフリーガラケーが「Makuake」にてクラウドファンディング中だ。このガラケーを作ったのはテラ。住本製作所が設計、製造管理、検査をおこない通話とSMSのみのシンプルなガラケー「un.mode phone01」を生み出した。プロジェクトは公開から24時間で目標金額の400%を達成し、8月28日時点では、目標の20倍以上となる440万円を超える金額が集まっている。10月19日23:59までに購入すれば2019年1月中に商品が発送される。現在、1台6,860円のコースから5色セットコースなどが展開中だ。

■安心安全の日本設計SIMフリーガラケー

 「un.mode phone01」の魅力は通話とSMSのみのシンプルな機能とシーンを選ばないスタイリッシュなデザインである点。さらにアッセンブリーは住本製作所の中国提携工場で実施される予定だが、日本品質で設計・製造管理・検査・アフターをおこなう点だ。

 サイズは124mm×57mm×19mmとコンパクト型でありながら、ディスプレイは2.4inch、解像度QVGA240×400。本体の約半分が画面という見やすい設計だ。さらにボタンも大きめでキー操作もしやすい。カラーはBlack・Red・Silver・MatBlack・Whiteと、老若男女問わずプライベートやビジネスで利用しやすい5色展開だ。

 SIMはドコモ、ソフトバンクの3G回線(BAND1、BAND6)に対応しており、建物の中でも電波が届きやすい。さらにテラによると、格安SIMではLINEモバイル(ドコモ)・楽天モバイル・BIGLOBE(ドコモプラン)・マイネオ(ドコモプラン)で動作確認済みとのこと。今後もプロジェクトページやSNSで、動作確認が取れたSIMを随時更新していくそうだ。

 気になるバッテリーの持ちだが、容量は1450mAh。連続通話は最長6時間、待受時間は最長約1週間持続する。仕事で持ち歩いたり、急な出張でも十分に対応できる。なお、製品には住本製作所の保証書がつき、保証期間内は交換・修理が可能だ。保証期間後も有償で交換や修理をおこなうため、ビジネス利用でも心強い。

■2台持ちから安く済ませたい人にオススメ

 通話とSMSだけできればいいがスマホは高いしオーバースペック。でも海外製は保証や動作面で不安が残る…そんな人には本体の出費が安く抑えられるこのガラケーが向いている。またサイズも本体価格も2台持ちしやすい設定のため、ガラケーで通話をしながらスマホでメール確認をすることもでき、ビジネスシーンでも活躍しそうだ。

 価格はMakuake特別価格15%オフ1台6,860円のコースから、2台購入できるペアセット30%オフ11,300円コース、全5色セット35%フ32,000円コースなどが用意されている。数量が限られているコースもあるので、欲しい人は早めに購入をしよう。

(※価格はいずれも税込み。情報は28日のもので変動の可能性があります)

関連キーワードソフトバンクNTTドコモクラウドファンディング格安SIMLINEモバイル楽天モバイル

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース