ライフ RSS

 

「やけどの傷口を食品用ラップフィルムで覆う」、トラブルも発生

2018年8月27日 18:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 最近では傷口を乾かさずに湿度を保った状態で自然治癒を促進する「湿潤療法」が広まり、湿潤療法のための家庭用衛生材料も登場している。しかし、こういった専用の衛生材料を使わずに食品用ラップフィルムで処置を行う事例が問題になっているそうだ(朝日新聞)。

 食品用ラップフィルムは水や水蒸気を完全に遮断し吸水力もないため、細菌が増殖するといったトラブルが起こる可能性があると言う。日本熱傷学会が2012年に委員会を立ち上げて調査したところ、全国で49例のトラブルが確認され、敗血症になった事例も10例あるとのこと。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
「火傷したら患部を温めると良い」というデマが話題に 2016年09月09日
湿潤療法、やってる? 2009年07月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード細菌

「健康」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース