ルーターに採掘コード埋め込むマルウェア、マンション共有ルータへも感染か

2018年8月27日 18:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 最近ルーターなどのネットワーク機器を狙ったマルウェアが増加しているが(過去記事)、こういったマルウェアによって閲覧中のWebページ内に仮想通貨の採掘コードを埋め込まれるケースが報告されている(「マルウェアに感染したと思ったら(多分)してなかった話」)。このケースでは自宅のルーターを使わずにマンションの共有ルータに直接接続した場合でも問題が発生し続けていたため、共有ルータがマルウェアに感染したのではないかと疑われている。

 ISPに報告を行い、共有ルータのファームウェアのアップデートを行なったところ問題が解決したとのことだが、ISPなどからの報告はないため本当に共有ルータが問題だったのかは確認できなかったとのこと。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
54か国・50万台超のルータに感染しているというマルウェア「VPNFilter」 2018年05月29日
ルーターのDNS設定が改ざんされる被害が相次ぐ、攻撃方法は特定できず 2018年03月29日
ネットワークカメラを狙うマルウェア「PERSIRAI」 2017年05月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルウェアファームウェア仮想通貨

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース