日本ケミファ<4539>のフィスコ二期業績予想

2018年8月26日 18:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:48JST 日本ケミファ<4539>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年8月8日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本ケミファ<4539>

3ヶ月後
予想株価
4,800円

新薬とジェネリック医薬品の双方を手掛ける製薬中堅。売上の9割を占めるジェネリックを事業の柱に育成。認知症領域に注力。6月にジェネリック医薬品3成分4品目を発売。19.3期1Qは苦戦も、通期では増収見通し。

クラシエ薬品と「クラシエ抑肝散加陳皮半夏エキス細粒」の共同販促契約を締結。抗うつ・抗不安薬の臨床試験準備も順調。薬価改定やジェネリック置換による影響を会社計画に反映か。株価はレンジ上限4800円処を意識。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/35,500/1,100/1,000/500/135.80/75.00
20.3期連/F予/36,500/1,750/1,650/1,000/271.70/85.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/08
執筆者:YT《FA》

広告