Microsoft Store、Windows 8.xアプリの新規受付を10月末で終了

2018年8月23日 23:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Microsoftは20日、Microsoft StoreでのWindows 8/8.1向けアプリとWindows Phone 8.xおよび以前のバージョン向けアプリ(XAPおよびAPPX)の新規受付を10月31日で終了する計画を明らかにした(Windows Developer BlogOn MSFTNeowinWindows Central)。

 受付終了はWindowsデバイスライフサイクルの一環とのことで、既存のアプリは影響を受けない。ただし、Windows Phone 8.xおよび以前のバージョン向けアプリの更新は2019年7月1日以降、Microsoft Storeで配信されなくなる。Windows Phone 8.xおよび以前のバージョン向けパッケージを含む更新を公開することはできるが、Windows 10デバイスのみに配信されることになる。

 さらに、2023年7月1日にはWindows 8/8.1向けアプリの更新もMicrosoft Storeから配信されなくなる。こちらもWindows Phoneの場合と同様にWindows 8/8.1パッケージを含むアプリの更新を公開することはできるが、Windows 10デバイスのみへの配信になるとのことだ。

 Microsoftでは既存アプリのUWPへの移行を推奨している。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | ソフトウェア | Windows | デベロッパー

 関連ストーリー:
Microsoft、Your PhoneアプリのWindows 10 1803への提供を中止 2018年08月18日
SteamのWindows XP/Vistaサポート、年内で終了 2018年06月17日
Microsoft、サポートフォーラムでのWindows 7/8.1のテクニカルサポート提供終了へ 2018年06月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Windows 8Windows Phone

広告